2014 京都府立医科大学 前期

Mathematics

Examination

Test

Archives

2014 京都府立医科大学 前期

易□ 並□ 難□

【1】  a b を正の実数とする. e は自然対数の底とし,必要ならば 2.7 <e を用いてもよい.

(1)  a<b とする.このとき ab= ba ならば 1 <a<e <b であることを証明せよ.

(2)  57 75 の大小を比較せよ.

2014 京都府立医科大学 前期

易□ 並□ 難□

【2】  1 辺の長さが 2 の正四面体 ABCD T とおく.直線 BD と平行な平面 H T を切断したところ, H は辺 AB BC CD DA とそれぞれ点 P Q R S で交わり, PS:QR= 2:3 となった.

(1)  2 直線 PS BD は平行であることを証明せよ.

(2)  PBQ SDR は合同であることを証明せよ.

(3)  PS=2 a (0< a< 23 ) とおくとき,四角形 PQRS の面積 S (a ) a を用いて表せ.

(4)  S( a) が最大となる a の値を求めよ.

2014 京都府立医科大学 前期

易□ 並□ 難□

【3】  f( x)= log x 2+1 2 とおく. xy 平面上の円 C と曲線 D y=f (x ) D のすべての変曲点で接しているとする.ただし, 2 つの曲線がある点で接するとはその点で共通の接線をもつことをいう.

(1) 増減,凹凸に注意して関数 y =f( x) のグラフをかけ.

(2)  C の方程式を求めよ.

(3)  C D の共有点は D の変曲点のみであることを証明せよ.

(4)  C D で囲まれた部分の面積を求めよ.

2014 京都府立医科大学 前期

易□ 並□ 難□

【4】  xy 平面上の曲線 C x3 +y3 =26 を考える. C 上の点 P ( a,b ) で, a b がともに有理数のとき P C 上の有理点という.例えば ( -1,3 ) ( 53 28 , 75 28 ) C 上の有理点である. h( x)= x (- x3+ 52) 2x 3-26 とおく.

(1)  a3 +b3 =26 a133 b13 3 のとき, { h( a)} 3+ {h (b) }3 の値を求めよ.

(2) 有理数 pq p q は互いに素な整数で q >0 )に対して, h( pq ) pq p q は互いに素な整数で q >0 )と表す. p が奇数ならば, p は奇数で q 2 q であることを証明せよ.ただし, 2 つの整数が互いに素とは,その最大公約数が 1 であることをいう.

(3)  C 上には無数の有理点が存在することを証明せよ.

inserted by FC2 system