概略

岡田武松博士の尽力により設置された中央気象台附属測候技術官養成所に始まる.

沿革

  • 1922年 中央気象台附属測候技術館養成所設置
  • 1924年 高等専門学校となる
  • 1939年 中央気象台附属気象技術館養成所と改称
  • 1951年 中央気象台研修所となる
  • 1956年 気象庁研修所となる
  • 1962年 気象大学校となり,大学部2年制となる
  • 1964年 4年制となる
inserted by FC2 system